黒にんにくとは

黒にんにくとは一般的な白いにんにくを高温、多湿という条件下の環境で約1か月程度熟成してつくられたものです。

この変化はチョコレートなどと同じメイラード反応と言われ、製造過程では科学的な食品添加物を一切使用していない自然食品です。

 

黒にんにくの発祥は三重県と言われていますが、現在は青森県でも黒にんにくが製造されています。しかし海外に目を向けてみると日本産の黒にんにくよりも韓国産の黒大蒜の方が普及率が高いので、まだ発展途中であることがわかります。

 

にんにくと言えば臭みが気になりますが、熟成した黒にんにくは糖度が増加するので味わいはドライフルーツのような食感に変化しています。食べると甘酸っぱい香りが広がり、餃子や焼き肉を食したときのような独特の匂いは一切ありません。また生のニンニクと違う点として胃の刺激が少ないので老若男女誰でも食べることが可能です。だからと言って食べ過ぎるのではなく、大体1日1片から2片程度にしておきましょう。

 

また黒にんにくはサプリメントなど健康食品の側面も強く、現在様々な商品が生産されているのです。

こちらもおすすめ

黒にんにくと生にんにくの違い
黒にんにくの豆知識をご紹介します。黒にんにくの効能や保存方法、レシピなど。
黒にんにくの作り方
黒にんにくの豆知識をご紹介します。黒にんにくの効能や保存方法、レシピなど。
黒にんにくの保存方法
黒にんにくの豆知識をご紹介します。黒にんにくの効能や保存方法、レシピなど。

黒にんにく