黒にんにくの保存方法

黒にんにくは比較的保存性の高い食品なので、長期保存することが可能です。
これは本来にんにくが持つ殺菌、抗菌作用と黒にんにくが持つ保水性によるものだと言われています。

 

黒にんにくは熟成させてつくる食品なので、保存している間にも熟成度が上がっていきます。味や栄養価値の向上を期待できるメリットがありますが、やはり限度があります。

 

黒にんにくの保存方法

また保存方法が悪いとカビが生えたり傷んでしまうことがあるので注意が必要です。短期間のみ保存する場合、余り気遣う必要はありませんが基本的には早めに食べきるほうがよいでしょう。黒にんにくは短期間であれば常温でも保存が可能です。

このとき、紙袋や空き瓶などに入れ、風通しの良い冷暗所で保存します。この方法で大体1か月程度保存することが可能です。簡単かつ安全に保存できる場所はやはり冷蔵庫と言えます。ただし水分が抜けてしまうので乾燥し、固くなってしまうので早めに食べるようにしましょう。
このときも新聞紙や紙袋に包んでおくことで大体半年程度、保存することが出来ます。一番確実なのは冷凍庫で保存する方法です。冷蔵庫と同様、乾燥することはありますが凍ることはありません。
ジップロックなどに入れて保存することで1年間程度保存することが可能です。

こちらもおすすめ

黒にんにくとは
黒にんにくの豆知識をご紹介します。黒にんにくの効能や保存方法、レシピなど。
黒にんにくと生にんにくの違い
黒にんにくの豆知識をご紹介します。黒にんにくの効能や保存方法、レシピなど。
黒にんにくの作り方
黒にんにくの豆知識をご紹介します。黒にんにくの効能や保存方法、レシピなど。

黒にんにく