黒にんにくの作り方

黒にんにくの作り方

黒にんにくは意外と簡単に自作することが可能で、炊飯器を使用するのが一般的です。

ただ作成中は使用できなくなってしまうこととニオイがついてしまうので、専用の炊飯器を用意する必要があります

 

炊飯器でなくとも保湿専用の電子ジャーでも作ることは可能です。
黒にんにくを熟成させるときに炊飯器の保温機能を使用するわけですが、機種によって一定時間が経過すると自動的に切れてしまうものがあるので、定期的にチェックして入れ直すようにしましょう。
どうしても炊飯器が使用できない人はコンロやオーブンなどでも作ることが可能です。
作る際に気をつけておきたいのは匂いと水分量です。完成してしまえば匂いはなくなりますが、その過程ではかなり匂いが散乱するので、庭やベランダで作る人が多くみられます。
また水分量は多ければべちゃべちゃとふやけてしまいますし、少ないと固くなってしまいます。基本的にはにんにくに含まれる水分で事足りてしまいますが、その水分量も季節によって異なるので調節していく必要があります。
肝心のレシピはまずにんにくを軽く洗ったら、新聞紙やキッチンペーパーで包みます。ザルなどを敷いた炊飯器に一株まるごと入れて、炊飯器を保温状態にします。大体10日間から2週間ほどそのままの状態を保ち、取り出せば出来上がりです。更に常温で10日間ほど熟成させるとよりおいしくなります

こちらもおすすめ

黒にんにくとは
黒にんにくの豆知識をご紹介します。黒にんにくの効能や保存方法、レシピなど。
黒にんにくと生にんにくの違い
黒にんにくの豆知識をご紹介します。黒にんにくの効能や保存方法、レシピなど。
黒にんにくの保存方法
黒にんにくの豆知識をご紹介します。黒にんにくの効能や保存方法、レシピなど。

黒にんにく