黒にんにくと生にんにくの違い

にんにくは古くから民間薬として親しまれている食品であり、豊富な栄養素が含まれていることが特徴です。
主成分である疲労回復を働きかけるアリシンカリウムカルシウムなどのミネラル類のほかビタミン類、抗酸化成分など生活習慣病の予防やストレス解消に役立つポリフェノールなど挙げればたくさんの栄養素が含まれていることがわかります。

 

 

一方の黒にんにくは通常のにんにくを一定の温度と湿度に保った環境で自然発酵させたものです。
添加物を一切加えず自然の力のみで黒く変色していきます。通常のにんにくは独特の匂いと胃腸への刺激が強いことで苦手意識を持っている人も多いのですが、黒にんにくは刺激や臭いがマイルドになり、胃腸にも安心です。また熟成させることで糖度が増すのでドライフルーツのような食感を味わうことができます。

黒にんにくと生にんにくの違い

通常のにんにくだけでも多くの栄養素が含まれているわけですが、黒にんにくに発酵させることでs-アリルシステインという新しい成分が産まれます。
この成分は強いデトックス作用があるので、活性酵素と悪玉コレステロールなど体に悪影響のものを排出する働きがあります。

 

また、通常のにんにくよりもアミノ酸が1.5倍に増加するので筋肉トレーニングやジョギングなどトレーニング効果の上昇も期待できます。

こちらもおすすめ

黒にんにくとは
黒にんにくの豆知識をご紹介します。黒にんにくの効能や保存方法、レシピなど。
黒にんにくの作り方
黒にんにくの豆知識をご紹介します。黒にんにくの効能や保存方法、レシピなど。
黒にんにくの保存方法
黒にんにくの豆知識をご紹介します。黒にんにくの効能や保存方法、レシピなど。

黒にんにく