黒にんにくの効果

黒にんにくは、体にいい 抗酸化作用がある ポリフェノールが生にんにくの10倍 など言われていますが実際に生にんにくと比べて栄養素はどのようになっているのでしょうか?特徴的な成分を抜粋して表にしてみました。まずは、基本的な食品栄養素データがどのように変化したか見ていただきましょう。100gあたりの成分表生にんにく黒にんにくエネルギー136177たんぱく質6.48.2脂質1.90.2炭水化物27.53...

黒にんにくには一体どのような成分があるのでしょうか?ポリフェノール通常のにんにくのおよそ10倍ものポリフェノールが含まれている黒にんにく。ポリフェノールには、コレステロールの酸化を防ぐ抗酸化作用、活性酸素の働きを抑えてくれます。 活性酸素を抑えることで、シミ、しわ、動脈硬化、メタボなどの予防になるといわれています。S-アリルシステイン黒にんにくががん予防によいとされているのはこの物質の働きがあるか...

ニンニクって栄養価が高いしスタミナが付くから体にいいのはわかっているんだけど臭いがねぇ〜という方も多いと思います。生ニンニクには、アリインという物質が含まれていて、その成分が分解されるとアリシンになります。アリシンは、にんにくやたまねぎに多く含まれていてにんにく臭はこのアリシンが強く発しているものなのです。またアリシンには、疲労回復に効果がありにんにくが元気の源と呼ばれるのもこのアリシンのおかげな...

にんにくが癌(ガン)に効果がある といわれ始めたのは1990年 アメリカ国立がん研究所が発表した『がんに効く食品』でにんにくが1位になっていたのが始まりです。ガンという病気は、免疫力の低下が原因と言われていますが 黒にんにくには、血液の改善により動脈硬化、細胞の老化現象を予防する効果があります。 また癌の予防だけでなく実際に発症した際にガン細胞を死滅させ増殖を防ぐ効果があるといわれています。最近で...

黒にんにくの効能は豊富で、一部を上げるならば精力アップや風邪・インフルエンザ・ノロウィルス予防、老化防止などの美容面にも効果的ですし、疲労回復や寝起きが良くなるなど健康面にも効果があります。何故このように様々な効能が確認できるのかと言えば、その製造過程が密接にかかわっています。黒にんにくは通常のにんにくを成熟させることでつくられる食品ですが、その間ににんにくに含まれる成分が何倍にも増加するのです。...

うつ病を予防、改善するためには脳をリラックスさせる成分であるセトロニンの働きが重要になっていきます。この成分は脳内の神経伝達物質のひとつで脳を落ち着かせたり、満足感を感じさせたりする働きがあります。このセトロニンを分泌させるには、トリプルファンという成分が必要不可欠です。このトリプルファンは必須アミノ酸の一種で、体内で作成することの出来ない成分であり、食事などで摂取しなければ補うことが出来ません。...


黒にんにく