黒にんにくは癌に効く?

にんにくが癌(ガン)に効果がある といわれ始めたのは1990年 アメリカ国立がん研究所が発表した『がんに効く食品』でにんにくが1位になっていたのが始まりです。

 

ガンという病気は、免疫力の低下が原因と言われていますが 黒にんにくには、血液の改善により動脈硬化、細胞の老化現象を予防する効果があります。 また癌の予防だけでなく実際に発症した際にガン細胞を死滅させ増殖を防ぐ効果があるといわれています。

 

最近では、がん治療には副作用の強い薬を使うよりも自然の力で免疫力を高めて直す自然治療が着目されています。

 

体温を高め免疫力を高めることで、ガン細胞を死滅させるのです。

 

免疫力を高めるためには、栄養 睡眠 運動 この3つの基本をしっかりと頭に入れて健康な生活を送りましょう。

こちらもおすすめ

生にんにくと黒にんにくの栄養素比較
生にんにくと黒にんにくの違いを栄養の面から見てみましょう。どの成分が元気の源になっているのでしょうか。
黒にんにくの成分
黒にんにくの主な成分を見てみましょう。黒にんにくの効能はまだ検証されていない未知の部分がありますが疲労回復や活性酸素との関係が少しずつわかってきています。
黒にんにくは臭い?
黒にんにくは発酵することでにんにくの臭みが取れることがわかっていますがどの程度臭いがあるのでしょうか?
黒にんにくの効能
黒にんにくの効能には一体どのような効能があるのでしょうか? それは黒にんにくの製造過程に密接な関係がありました。
黒にんにくはうつ病に効く?
黒にんにくは普通のにんにくと何が違うのか?にんにくを発酵させたものだということはみなさんご存知でしょうがもう少し詳しく見ていきましょう。

黒にんにく