黒にんにく成分

黒にんにくには一体どのような成分があるのでしょうか?

 

ポリフェノール

通常のにんにくのおよそ10倍ものポリフェノールが含まれている黒にんにく。ポリフェノールには、コレステロールの酸化を防ぐ抗酸化作用、活性酸素の働きを抑えてくれます。 活性酸素を抑えることで、シミ、しわ、動脈硬化、メタボなどの予防になるといわれています。

 

S-アリルシステイン

黒にんにくががん予防によいとされているのはこの物質の働きがあるからです。生ニンニクの臭い成分であるアリシンが熟成されて変化した物質がL-アリルシステインです。
しかしS-アリルシステインは、最近になって注目され始めたばかりの物質で確実な効果効能は臨床実験までは検証されていません。(今のところマウス実験での検証ということです)
S-アリルシステインは、生のにんにくではほとんど存在しませんが醗酵することで生成される物質です。

 

組成の化学分析は終わっているが機能性についての解析が不充分であり、それが今後の研究課題である。

引用:協同組合青森県黒にんにく協会

 

 

シクロアリイン

中性脂肪やLDLコレステロールを減少させ、血液中の脂質に働きかける役割があります。 たまねぎにも含まれる成分で『血液をサラサラにする』成分として有名です。

 

 

アルギニン

アルギニンは、アミノ酸の一種で子供の身長を伸ばす成長ホルモンを促進する役目だったり、疲労回復や精力促進などの効果もあります。

 

活性黒にんにく(黒にんにくサプリメント) 成分表示

エネルギー 11kcal
たん白質 0.60g
脂質 0.76g
炭水化物 0.48g
ナトリウム 0.010 - 4.5mg
ビタミンB1 0.50mg
ビタミンB2 0.50mg

こちらもおすすめ

生にんにくと黒にんにくの栄養素比較
生にんにくと黒にんにくの違いを栄養の面から見てみましょう。どの成分が元気の源になっているのでしょうか。
黒にんにくは臭い?
黒にんにくは発酵することでにんにくの臭みが取れることがわかっていますがどの程度臭いがあるのでしょうか?
黒にんにくは癌に効く?
黒にんにくにはたくさんの効能がありますががんに効く食品として知られていますが本当でしょうか。黒にんにくと癌予防についてご紹介します。
黒にんにくの効能
黒にんにくの効能には一体どのような効能があるのでしょうか? それは黒にんにくの製造過程に密接な関係がありました。
黒にんにくはうつ病に効く?
黒にんにくは普通のにんにくと何が違うのか?にんにくを発酵させたものだということはみなさんご存知でしょうがもう少し詳しく見ていきましょう。

黒にんにく