黒にんにくはうつ病に効く?

黒にんにくはうつ病に効く?

うつ病を予防、改善するためには脳をリラックスさせる成分であるセトロニンの働きが重要になっていきます。

 

この成分は脳内の神経伝達物質のひとつで脳を落ち着かせたり、満足感を感じさせたりする働きがあります。
このセトロニンを分泌させるには、トリプルファンという成分が必要不可欠です。このトリプルファンは必須アミノ酸の一種で、体内で作成することの出来ない成分であり、食事などで摂取しなければ補うことが出来ません。
このトリプルファンは、黒にんにくに多く含まれている成分なのです。
勿論通常のにんにくにも含まれていますが、熟成させていることでより多くのトリプルファンが含まれているので、効率を考えれば黒にんにくの方が有利であると言えます。

 

またビタミンB6なども含まれているので、同じくトリプルファンが含まれているマグロの赤身やヨーグルト、牛乳よりも優秀なのです。また血流をよくするスコルジニンも含まれているので、脳の働きを低下させないように予防することも可能です。うつ病は脳の働きが低下することで身体にエネルギーを十分に送ることが出来なくなり、様々な症状を引き起こす病気です。

 

世間一般では精神的疾患の印象が強いのですが、実は脳の働きが低下することで憂鬱な気分が引き起こされるので、実はどんな人でも罹る可能性がある病気なのです。

こちらもおすすめ

生にんにくと黒にんにくの栄養素比較
生にんにくと黒にんにくの違いを栄養の面から見てみましょう。どの成分が元気の源になっているのでしょうか。
黒にんにくの成分
黒にんにくの主な成分を見てみましょう。黒にんにくの効能はまだ検証されていない未知の部分がありますが疲労回復や活性酸素との関係が少しずつわかってきています。
黒にんにくは臭い?
黒にんにくは発酵することでにんにくの臭みが取れることがわかっていますがどの程度臭いがあるのでしょうか?
黒にんにくは癌に効く?
黒にんにくにはたくさんの効能がありますががんに効く食品として知られていますが本当でしょうか。黒にんにくと癌予防についてご紹介します。
黒にんにくの効能
黒にんにくの効能には一体どのような効能があるのでしょうか? それは黒にんにくの製造過程に密接な関係がありました。

黒にんにく